立春~光の春~ 

今日、2月4日は立春
いよいよ春です
・・・といっても寒さはまだまだこれからが本番

「どうしてこの寒い時期に春なの?」と
疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

image-24.gif立春とは
二十四節気(にじゅうしせっき)によるもので、

昼が一番短い「冬至」と一番長い「夏至」
昼夜がほぼ同じ長さの「春分」と「秋分」など
1年を24等分してその節目に
季節を表す名前をつけたもの
です。

暦便覧では「春の気たつを以て也」と表され、
立春とは春の気配が訪れる時・・・

体感としての春ではなく、
「光」の春なのです。

そういえば、風はまだまだ冷たいですが、
日差しはすっかり春ですもんね

二十四節気が表す季節は、
天地人でいう“天”そのものです。

「閉蔵-へいぞう-」である冬の時期は、
出来るだけ活動せず静かに過ごすのが理想で、
地上の私たちは、
まだまだその冬の陰気を引きずっています。
 ~冬の過ごし方~参照

そのため「なんだかヤル気がでない・・・」
という方も多いかもしれませんが、
もう目覚めの時

“天”からはどんどんと春の陽気
降り注いでいるんです

皆さんも、これからはぜひ光を浴びて、
心と体のスイッチを入れください。
とくに朝日がオススメです。

朝の澄んだ空気は
「清明-せいめい-」と呼ばれています。

きっと清々しい気持ちになりますよ
関連記事


大阪の占い相談、悩み相談なら【五行象 占いサロン】by祐気堂
公式サイトはコチラから
奈良・大阪・京都・神戸よりお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


0 Comments

Leave a comment